LIFE@40 > Items > Monkey

Items


 新任として着任した勤務先の学校は交通の便が悪いところにありました。
 着任して1~2か月の間は、朝6時頃に起床して、7時発の電車に乗ってバスに乗り換え、8時25分頃に学校に到着する、という通勤をしていました。今から思えば、川西市~尼崎市の通勤時間とはとても思えませんね。滋賀県ぐらいまで行けちゃうよ、そのくらい時間あったら(笑)。
 そういうわけで、通勤用のバイクを購入しようと考えました。
 問題は、どのバイクにしようかな・・ということです。

 僕の親父は、バイクが大好きな男で、パリ・ダカールに出てるようなオフロードバイクで週末に六甲山を攻めて帰ってくることがしばしばで、時には崖から転落して2~3日帰ってこなかったこともあるぐらいでした。それに対して、僕はどうだったのかというと、自転車以外の二輪には全く興味がなく、バイクの名称などてんで知らない有様でした。(今もそうです)

 そんな自分がバイクの購入を検討するにあたり、こだわったのは以下の3点。
 1.小回りが利いて手軽に乗れること
 2.原付免許で乗れること
 3.いかにも「スクーター」な形は嫌だ

 この3点にこだわって、あーでもない、こーでもないと悩んでいたある日、大学時代に友人がモンキーなるバイクに乗っていたのを思い出しました。小さなボディ、機動性と小回りの良さ、まさかのマニュアルトランスミッション(笑)。もう、これしかないと思い、すぐさま購入しました。

 モンキーバイクは期待の通り、若かりし頃の僕を夢中にさせました。
 今となれば正に若さ故の愚行としか思えませんが、夏休みにこのバイクで紀伊半島一周旅行を敢行した事もあります。
 それからしばらくしてから、残念ながら盗難に遭い、長い間手元にありませんでしたが、どうしても乗りたかったので、貯金して再度購入しました。

 もうあの頃のような気合いの入った旅行はできないとは思いますが、温かい季節の通勤や週末の散歩に使いたいと思っています。


この記事へのコメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存