LIFE@41 > Blog > 雑貨 > Apple Products. > Retina Displayの威力。

Apple Products.


iPhone4を手に入れて、1日が経ちました。
とりあえずは、それまで使ってたiPhone3Gの環境を移行して、職場で今まで通りの使い方をしてみた感想を書いてみようと思います。

iPhone4には、様々な新機能が搭載されていると聞いています。新CPUのA4プロセッサ、FaceTimeというテレビ電話機能、マルチタスク、HDビデオ撮影、ジャイロセンサーやノイズキャンセリング・・・・と色々ありますね。

その中でも自分がインパクトを受けたのは、Retina Displayという高解像度ディスプレイです。
もうね、このディスプレイの鮮やかさ・きめ細かさを体験すると、もう元には戻れません。
Apple inc.は、「肉眼ではドットを判別できない」と紹介していますがホントにその通り。Retina Displayに表示されているモノは、印刷物と何ら変わりがないように見えるのです。

「Retina(網膜)」とはよく言ったものです。

この解像度の下で、タッチスクリーンによる直感的な操作を実現できるのは、大容量のメモリやA4プロセッサの下支えがあってこそなのでしょうが、そういった数字で表されるスペックよりも、わくわくさせる体験を提供してくれるところが、Apple inc.の魅力なのだと思います。

関連記事

この記事へのコメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存