LIFE@40 > Blog > 仕事 > 学校 > 休日の教材開発

学校

 「1月は去ぬ、2月は逃げる、3月は去る」などという言い回しがありますが、や、ほんとにこの季節は日が過ぎるのが早いですね〜…。あれこれとやってくる仕事をこなしている間に、いつの間にか2月も中旬になっていた、という感覚です(苦笑。そんな中で、本日は祝日「建国記念の日」でお仕事はお休みなわけですが。忙しい最中でのこうした休日はほんとに有り難いです。
 その休日の今日は、昼頃に一条工務店さんの「入居宅訪問」の対応をした後、ずっと授業の教材開発に取り組んでいました。「入居宅訪問」というのは、家を建てることを検討されているお客さんに、実際に住んでいるお宅を見てもらおうという取り組みなのですが、たまーに一条の営業さんから「○○日にお願いできますか?」とメールを頂いて、受け入れさせてもらっています。まぁ、我が家は一条工務店で建てられた家の中でも割と極端なものなので、検討中の方に見て頂くには丁度いいのかもしれません(半笑。


 その後の教材開発ですが、3年理科の授業は現在最終単元に突入していまして、授業のKeynoteをしこしこ作っているところです。この単元では、一昔前でいう「第2分野」に当たる学習内容を総じて振り返った上で、社会の一員として今後どのようにして自然環境と向き合っていくべきなのかを考える単元です(わー、壮大…)。正直言えば、理科室の片隅でネイチャーアクアリウムの水槽を立ち上げた上で、生態系のモデルとして提示した授業を実現したかったのですが、忙しさで余裕がなかったです…残念。
 この単元の学習が終わったら、今度は来月に控えている公立高校受験に向けての問題演習に取り組みます。さ、もうひと頑張り。


関連記事

この記事へのコメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存