LIFE@42 > Blog > 仕事 > ご挨拶

仕事

2019
4/2
Tue

ご挨拶


 4月1日の人事発令には含まれてはいないのですけれど。
 この4月から2年間、私は教委からの派遣という形で大学院で学びを重ねることになります。

 かつて行政の世界に入ったときは、教育現場とは全く異なった環境に戸惑い、自己の無力さと嫌と言うほど向き合う日々がありました。それでも必死に食らい付きながら糧と呼べるものを一つ一つ吸収し、成長を実感することができた、かけがえのない5年間でした。
 おそらく私がこれから入る研究の世界においても、私は自己の無力さと嫌と言うほど向き合うことになるのでしょう。正直なところ、そのような予感に恐れ戦く自分がいますが、そのような積み重ねを糧として成長することを楽しみにしている自分も確かにいるのです。

 ただひとつ心残りがあるとすれば、これまで関わってきた生徒のみなさんのことです。
 この春に卒業した三年生を除けば、私と関わりがあったのは、一年間主に理科の授業を通じて共に過ごした二年生(新三年生)の方々のみですが、以前の記事に認めた通り、理科をテーマとして生徒の皆さんと過ごしたあの日々、あの時間は、私にとっては至上のひとときでした。卒業まであと一年間、この関わりを続けることができたなら。年度末はそのような思念に後ろ髪を引かれる日々でした。そのような気持ちにさせてくれた二年生(新三年生)の皆さんには感謝の言葉しかありません。本当によい出会いを頂戴したと思っています。一年後、よいご卒業を迎えられることを心から願っていますよ。本当に、ありがとうございました。


関連記事

この記事へのコメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存