LIFE@40 > Blog > 書籍 > リーアンダー・ケイニー『ジョナサン・アイブ』

書籍

 Amazon.co.jpで販売されているのを見かけて、思わずクリックした一冊です。
 Apple Inc.というと世間ではSteve Jobs氏というカリスマ経営者率いる企業という印象が強いようですが、彼と共に徹底したデザイン哲学を実践し、iMacやiPhone、iPad、MacBookなどの魅力的な商品を生み出した天才デザイナー、Jony Ive氏についてはあまり知られていないようです。実際、先日馴染みの床屋にこの本を持ち込んで読んでいたら「誰ですかこの人?」的な反応でした。
 Ive氏は現在もインダストリアルデザイングループ担当上級副社長としてApple Inc.に籍を置き、活躍を続けられていますが、この本を読むとIve氏が持つデザインに対する姿勢がよく分かります。

 もともとApple製品が大好きな私。この本にはiMacやiPhone、iPadなどの製品を企画・開発するにあたってJobs氏と交わされたやりとりなども綴られており、大変興味深く読ませて頂きましたよ。



スティーブ・ジョブズが絶対的な信頼を寄せたカリスマデザイナー、ジョナサン・アイブ。
そのアイブのイギリスでの生い立ち、学生時代、アップル入社後のiMac、iPhone、iPad、MacBook Airなど数々の革新的な製品づくりでの試行錯誤、社内での争いまで――。初めて、ジョナサン・アイブの生き方、大胆にリスクを取る思考、デザインへのひたむきな姿勢、ものづくり哲学が明かされる!
長年「Cult of Mac」を運営してきたジャーナリスト、リーアンダー・ケイニ―が、ジョナサン・アイブを徹底的に紹介します。

関連記事

この記事へのコメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存