LIFE@40 > Blog > 書籍 > 東野圭吾「疾風ロンド」

書籍

元気を出せ!跳べ!滑れ!
この物語の登場人物に負けるな! 東野圭吾

強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が溶け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。場所を知りたければ3億円を払えーーーそう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、とあるスキー場に向かった。頼みの綱は目印のテディベア。だが予想外の出来事が次々と彼らを襲う。ラスト一頁まで気が抜けない娯楽快作。

 東野圭吾さん著作の「疾風ロンド」。前作「白銀ジャック」に続き、”いきなり文庫”で出版されました!
 先月駅ナカ書店で購入して以来、通勤途中や昼休みなどの時間に少しずつ読み進めていましたが、ようやく読了しました。前作同様、ラスト数十頁のスピード感が半端なかったです。

 前作もそうでしたが、この作品読んでると無性に雪山に行って滑りたくなる・・・。
 実家の物置で眠っているショートスキーがしくしく泣いてるよ・・・。しかし結婚以来、雪山には足を踏み入れてないんですよね・・・。何故なら妻は「足が冷え性だから」と雪山に向かうことを頑なに拒否するんですよねー・・・・(白目)。
 晴天の下に広がる白銀の世界、雪山の上から望む雄大な景色・・!!
 うおおおおお、雪山行きたーい!行きたいぞー!!!

Amazon.co.jpで購入 --> 疾風ロンド (実業之日本社文庫)


関連記事

この記事へのコメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

全2件中 1件〜2件を表示

ご無沙汰してます

エイト  2014/01/27 Mon 14:29

白銀ジャック

K.  2014/01/30 Thu 20:44