LIFE@41 > Blog > アクアリウム > 60cm entrance. > 水中花の観察経過

60cm entrance.


 ウォーターローンの絨毯の中からニョキッと顔を出した花の蕾(つぼみ)。水中で花を咲かせるのを楽しみにしながら様子を見ていましたが、蕾に変化が見えましたよ。


ん?んんんん?…これって開花なのですかね?だとしたらがっかり感あるなぁ…。
もしかすると先端にある白い部分が開くのでしょうか…?
うん、そうだ、そうに違いない(そうであってほしい)。それを期待して観察を続けます(笑。




 実はもうひとつお話がありまして。この一週間の間に、同じような蕾が数カ所に出現しました。
 私が思うに、ウォーターローンはランナーを匍匐する形でこれ以上勢力を広げることができない状態になって初めて、花を咲かせようとするのではないでしょうか。
 ランナー(茎)を匍匐させる形でも、水草にとっては個体を増やすことに繋がるわけです(ランナーが切れればの話ですが)。中学校理科ではこれを「無性生殖」のひとつとして学習します。なのでわざわざ花を咲かせて個体を増やす方法(有性生殖)を取る必要がないのでしょうね。一定の環境下で目一杯まで勢力を広げてしまえば、そことは別の場所に勢力を広げるために花を咲かせようとする…。このような話を想像してみました。


関連記事

この記事へのコメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

全2件中 1件〜2件を表示

楽しみです。

毛糸  2015/02/14 Sat 23:28

ですよねぇ(笑。

K.  2015/02/14 Sat 23:35