LIFE@41 > Blog > アクアリウム > MacCube tank > 違う形の、MacCube水槽。

MacCube tank


以前から、空いている時間をこそこそと使って製作していたオーバーフロータイプのMacCube水槽が、ある程度形になったので紹介します。


これで、製作したMacCube水槽は3個目です。


今回のテーマは「ケースの持つ透明感を大切に」。





底面から水面へ伸びる2本のアクリルパイプ。





2本のうち吸水を司るパイプへ、静かに吸い込まれていく水面。




その先には濾過槽がつながっています。
濾材、水温計、ポンプやヒーターなど、目につくものは全てここに入っています。







とりあえず今は、グッピーを入れているのですが、吸水パイプに吸い込まれて、濾過槽に移動してしまうことが時々あります。飼うなら吸水パイプよりも大きなサイズの魚が良さそうです(笑。

関連記事

この記事へのコメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存